本日 7 人 - 昨日 56 人 - 累計 168531 人 サイトマップ

ごあいさつ

  1. HOME >
  2. ごあいさつ
画像  近年、人と動物の関係はより緊密さを増し、多くの家庭で家族の一員として迎えられ、動物病院によせられる期待は、今までになかったぐらい多様化しています。
 まず、大切なのは病気や問題行動を予防すること。近年、フィラリアやウイルスなどの感染症だけではなく、しつけ、生活習慣病や不妊化手術による予防の重要性が指摘されています。
 当院では、病気の症状だけではなく、動物が抱えている問題すべてを診て治療の方針をたてるよう心がけています。高度医療も大切ですが、それ以上にトータルケアーが重要な時代になっていると感じています。当院は、動物のトータルケアーをご提供し、お客様と動物の幸せな生活を守るべく、スタッフ一同が常に研鑽して参ります。




インフォームド・コンセント(説明と同意)


 一般の診療ではわかりやすい説明を、治療にあたっては飼い主様の同意を得て行っています。また、「しんせつ」をもっとうに、飼い主様に必要な情報をご提供いたしております。

動物の高度医療


 炭酸ガスレーザーを用いた猫の難治性口内炎治療、脂肪幹細胞を用いた椎間板ヘルニアの治療(再生医療)、活性化リンパ球療法を用いたガン治療などが、ご提供できます。また、当院の特色として、健康診断、歯磨き講習、血圧測定などの予防医療にも力を入れています。
 詳しくは検査機器のご案内
をご覧ください。

パピークラス


 パピークラスは、毎月数回のペースで行っています。最低、生後2カ月齢以上でのワクチンがお済みの健康なワンちゃんが(1歳齢以下が対象)ご参加できます。仔犬の社会化、ハンドリング、歯磨き講習、強化の原理、シェイピングゲーム、トイレトレーニング、あま噛み防止対策、「おすわり」「おて」「スピン」など楽しく学習できます。
 詳しくはパピークラス
をご覧ください。

ターミナルケアー


 動物と人間では一生の時間が違うため、必ず私たちは動物の最後を看取らなくてはなりません。また、時にして難病にかかり根治が望めない場合もあります。当院では、どのような場面でも治療をお断りすることはありません。また、動物の医療の専門家として治療の有無に関わらず、飼い主様に適切なアドバイスを行います。飼い主様と困難な状況を共有し、しっかりサポートする覚悟でいます。
 

エキゾチック動物の診療


 ウサギ、インコ・フィンチなどの鳥類、ハムスター、魚類などの通常診療を行っています。その他動物種の診療をご希望の方はご相談ください。
 詳しくはエキゾチックアニマルの診察をご覧ください。


夜間救急対応


 夜間などの診察時間外に調子が悪くなってしまった場合は、当院の留守番電話の案内をお聞き下さい。緊急性があると判断した場合のみ、可能な限り対応致します。
電話番号:049-223-7225
 対応できない場合は、所沢の日本小動物医療センター(04-2943-8699)、大宮夜間動物病院(048-788-3966)、練馬の動物救急センター(03-6913-4160)、鳩ヶ谷の埼玉南部夜間救急動物病院(048-280-1899)の夜間診療をご利用下さい。