本日 7 人 - 昨日 56 人 - 累計 168531 人 サイトマップ

外科手術

  1. HOME >
  2. 外科手術
 当院では手術を安全に実施するために、術前の身体検査や血液検査を行い、麻酔リスクの判定(アメリカ小動物麻酔学会American society of Anestesologistsの分類)を行っています。

麻酔をかけるまでの手順


①静脈点滴のラインを確保します
②麻酔前投与薬(注射薬)を使用後、麻酔導入を行います
③気管挿管により気導を確保します
 (万が一に備え、人工呼吸装置も準備しています。)


手術中の麻酔について


画像手術中は、心電図、SPO2(血液が運ぶ酸素飽和度)、ECO2(吸気中のCO2濃度)、血圧、体温、麻酔濃度などをモニターし(左写真)、麻酔の安全には最大限の注意を払い実施しております。








当院で実施している症例については左記をご参照ください。